不動産の共有持分を放棄するメリットとは?

共有持分で起こりやすいトラブル

夫婦二人の名義で土地・マンションを買った、親が亡くなり不動産を兄弟で共同相続したというときに発生するのが、共同持分です。
共有持分は土地そのものを分割している状態ではなく、土地の権利を持っているということで土地全体を持分割合に応じて利用できます。
第三者などに貸し出すなどの場合は、他の共有者からも同意をもらう必要があります。自分の持分だけを売却するということもできますが、トラブルになりやすいため事前に同意などをしてもらうことが重要です。
共有持分でよく起こりやすいトラブルが、売りたいと思っても共有者との仲が悪く疎遠なため連絡しにくい、夫婦の場合は離婚するときに住みたい人と売却したい人で話が平行線になってしまう、他の共有者と連絡がつかないというケースです。
このようなトラブルを避けたいという場合には、自分の分を放棄するという方法もあります。放棄することで。さまざまなメリットを得られます。

共有持分を放棄するメリット

トラブルを避けたいときには共同持分を放棄することが可能です。これを共同持分放棄といいます。
放棄された分は、他の共有者に帰属されることになります。共同持分放棄の具体的なメリットとしては、自分では使わない土地を有効活用してもらえる可能性があるということが挙げられます。
通常の不動産であれば売って現金化などができますが、共有している不動産が田んぼや畑などの農地の場合は名義変更が難しいケースがあります。これは農地を守るための農地法という法律のためで、名義を変更するためには農地法の許可が必要です。制限が厳しくなっていることから、名義変更が難しく手続きが面倒ということがデメリットとなっています。
放棄する分に農地法の許可は必要ないため、農地の共同持分を処分したいというときには放棄が最適です。
また、これは共有者に対する意思表示ですので、特別な手続きは必要ないとされています。ただし、不動産登記だけはしっかり行う必要があります。

まとめ

共同持分を放棄した場合には、税法上では贈与とみなされる可能性があります。そのため、放棄する際には税金のことなども考えた上で、他の共有者に相談してから行うことが重要です。
相続した土地を兄弟で管理したいと考える人もいますが、農地などは持て余しがちですので放棄するということは悪ことではなく検討する価値は十分あると考えられます。
共同持分放棄を問題なく行いたいという場合には、弁護士などに相談することでスムーズに話を進められます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。