共有持分の査定額をアップさせるポイント

共有持分の査定額は査定する業者で決まる

不動産の共有持分の査定額は、結論からいうと査定を行う業者次第ということになります。
これは不動産の価値をより正確に調査する能力、高く買い取って更に高く売ったり、価格が高めでも買い手を見つけられる能力によって変わってきます。
当然のことながら、共有持分も不動産全体と同じく、周辺環境や立地だったり土地や建物の状態で評価が決まります。
しかし、価値が分かる人が査定しなければ意味がありませんし、共有持分に詳しい業者に査定を依頼しないことには、価値がある共有持分も正しく評価されないわけです。
それでは査定額のアップに期待できませんし、納得のいく価格で共有持分を売却することも不可能となります。
査定額を上げるノウハウを持つ業者を選んでこそ、査定額アップの工夫が効果に繋がるので、まずは信頼できて査定結果に期待できる業者を見つけるべきです。
その上で査定額アップに寄与する方法を用いたり、少しでも上がるように工夫するのが賢明です。

共有持分の査定額をアップさせる方法

共有持分の査定額アップは、共有持分の価値を評価できる業者に依頼することを前提として、高額査定に至るポイントを押さえた工夫が役立ちます。
基本的に共有持分はその割合が多い方が査定額が上がる傾向なので、共有者と交渉して共有持分を譲ってもらうのがおすすめです。
ベストなのはやはり不動産全体の売却ですから、共有者全員と話をまとめて、合意を得て査定を受けるのが最も査定額が高くなる方法です。
立地の変更は土地では不可能なので、現実的なところから共有持分の査定額アップを図るのが良いでしょう。
共有名義の不動産は、共有者が少ないほど扱いやすいことから、共有者を減らせば査定額は上がります。
また土地の上に建物が建っていて、建物が使われていない共有持分ほど高く売れる可能性があります。
共有持分の購入でネックとなるのは、いわゆる隣地との境界線が曖昧な不動産です。
境界線が明確でないと、後々トラブルになる恐れがありますから、トラブルのリスクを解消しておくことも査定額のアップには不可欠です。

まとめ

共有持分の査定額は、誰に査定をしてもらうかが重要で、査定額に期待できる業者を選ぶことが何よりも原則となります。
期待できる業者に査定をしてもらうとして、更に査定額のアップを狙うのであれば、買い手がつきやすい状態にいてから査定を依頼するのが正解です。
それからトラブルのリスクのような不安要素を解消しておくのも、査定額アップの鍵を握ります。
共有持分に精通する専門的な業者であれば、査定額アップのノウハウを持っていますから、相談によって更なる査定額のアップに期待できます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。