共有持分の査定を受ける前に!高額買取を実現するために役立つ情報を紹介

共有持分の売却には査定が必要になりますが、高額買取を実現するには理解しておくべきいくつかのポイントがあります。
共有持分とはどういったものか、売却に必要な条件についても把握すべきです。
また高額買取に必要な条件も理解することで、売却結果が満足のいく結果になりやすいです。
共有持分は土地や建物といった不動産に多いですから、今すぐ売却する予定はなくても、将来的に手放す可能性を考えて早めに査定のポイントを理解しておくことをおすすめします。
共有持分は査定によって買取価格が決まりますから、その前にポイントを確認したり、押さえておくことが大事です。

共有持分とはなにかおさらい

共有持分は1つのものを文字通り共有する形で、複数人が共同で所有することを意味します。
そして所有権の割合こそがまさに共有持分で、売買対象になる権利そのものでもあります。
共有持分は不動産の所有や売却で用いられることが多い言葉で、土地や建物の所有や権利の話し合いで出てきます。
そのため、不動産を共有で所有する人は理解が不可欠ですし、将来的に売却する可能性を含めて、一度おさらいしておいた方が良いといえます。
共有持分の理解において注意が必要なのは、例えば土地を共有で所有しているとしても、面積ではなく権利の割合を意味することです。
つまり半分の共有持分を所有する場合は、面積の半分ではなく権利の半分を持つという意味です。
実際のところ、土地ですら面積を半分というように単純に共有するのは難しく、建物となると更に複雑化します。
共有物の売却には権利者全員の同意が必要ですから、誰かが売りたいと言い出したら話し合いが欠かせませんし、話し合いがまとまらずにいつまでも手放せないということもあります。
共有持分は不動産の共同購入でも発生しますが、相続によっても発生するので、遺産相続で不動産の共同所有となると不動産の権利が扱いにくくなるので厄介です。

共有持分の査定と買取について

共有持分を売却する方法はいくつかありますが、不動産なら不動産会社に相談したり査定を受けるのが一般的です。
第三者の個人を相手に売却しようとするよりも、不動産に詳しい専門的な業者の方が、権利者の同意を得やすいといえるでしょう。
とはいえ、不動産を扱う業者ならどこでも良いというわけではなく、共有持分に詳しくて少しでも高く買い取ってくれそうなところを探す必要があります。
共有持分のみ売却したいという場合は、実のところ他の権利者の同意を得なくても、自己判断で売ることができます。
不動産全体の売却には同意が必須ですが、自分の持分を手放すだけなら自分で決められるので、ハードルがかなり低くなります。
権利者同士の仲が悪いというケースは割りとありますが、驚くことに行方不明でつかまらず話ができないというケースも少なくないです。
話し合いはできても売りたがらない人がいる、不動産を独占して明け渡してくれない、そういうケースにおいても共有持分の売却は現実的です。
ただ安売りしてしまうと共有する不動産の他の持分にも査定結果が影響しますし、他の権利者の心証を悪くする恐れがあるので、少しでも高く売れるように査定を受けるべきです。

共有持分の高額買取を実現するポイント

共有持分を高額買取で手放したい、それなら共有持分を専門的に査定買取している業者が狙い目です。
不動産会社なら共有持分の売却相談に乗ってくれますが、権利関係のトラブルを嫌ってあまり乗り気ではないところも割りとあります。
共有持分を専門的に扱っている業者は、トラブルが発生する前提で弁護士だったり、司法書士といった専門家と共に査定買取に取り組んでいます。
つまり、万が一売却が難しくなるトラブルが起こってしまっても、最初から士業がチームを組んで対応にあたるので、スムーズに問題を解決して売却が実現できるわけです。
高額買取実現の基本は共有持分の扱いを得意とする専門業者に査定を依頼することですが、1社ではなく複数の業者に査定を依頼するのも基本です。
また、闇雲に査定してもらうのではなく、買取実績が豊富で過去の高額買取実績を公開している業者に的を絞るべきです。
専門業者に限らず不動産を扱う会社は権利関係のトラブルだったり、トラブル発生のリスクを嫌うので、将来的にトラブルが起こりそうなところは査定の前に解消しておくのがおすすめです。
共有持分の不動産は、共有者が増えるとそれだけ手続きがややこしくなるので、逆に人数が少なければ少ないほど高額買取が実現しやすくなります。
基本中の基本ですが、共有持分は土地のみよりも、実際に利用できる建物の共有持分も持っている方が高額買取の実現に繋がりやすいです。

まとめ

共有持分は一見すると権利関係が複雑そうで、売却するだけでも大変なイメージですが、自分の共有持分なら自己判断で売ることができます。
しかし高額買取となるとそう簡単ではありませんし、高く売るのに必要な準備だったり、条件を揃える必要が出てきます。
前提条件となるのは、共有持分に不慣れだったりトラブルを嫌う不動産会社ではなく、共有持分の専門知識とサポート体制を有する専門業者に相談することです。
そして高額買取実績が豊富な業者をピックアップして、複数の専門業者に査定をしてもらうことが大切です。
高額買取は業者の選定が大事で、販売力が高い業者を選び抜くことが実現の可能性を高めます。

おススメサイト
自分の共有持分を少しでも高く売りたい方へ
中央プロパティーは、あなたの共有持分を高値で売却する仕組みがあります

CENTURY21中央プロパティー
無料相談:0120-244-021